ABCashの記事はこちら⏩ ABCashの評判

アパレルの仕事がきついと感じたときの5つの対処法【元アパレル販売員の体験談】

アパレルの仕事ってきつすぎる・・・辞めたいけど辞められない。どうしたらいいかな?

そんな疑問にお答えします!

この記事の内容
  1. アパレルの仕事がきついと感じたときの5つの対処法
  2. アパレルの仕事がきついなら事務職への転職がおすすめ
  3. アパレルの仕事がきつくて何もやりたくないなら婚活もアリ

それでは、本題にいきましょう!

アパレルの仕事がきついと感じたときの5つの対処法

アパレルの仕事がきつい時の対処法①やりがいを探してみる

・お客様に喜んでもらえるのが嬉しい
・おすすめした商品が売れた
・自分の顧客(常連客)さんを作る

主にこのようなやりがいを持って毎日きついアパレル時代を乗り越えていました。

やりがいを持つと自然と、頑張ろうという気持ちになれます。
自分のブランドが大好きな方にとっては天国だと思うので、できるだけ続けていくためにもやりがいを探すといいですよ。

アパレルの仕事がきつい時の対処法②アパレルの友達と飲みにいく

どうしてもきつい時は、よくアパレルの友達と飲みに行って近況報告会をやっていました。

飲み会のお金がムダ!と言われたりしますが、人脈ほど大切なものはありません。
自分が話したいなと思う人には、積極的に話しかけることをおすすめしています。

アパレル時代の子は好きな趣味があったり、服の話で盛り上がれるので一生の友達になりやすいです!

アパレルの仕事がきつい時の対処法③好きな人を作る

恋人でも、職場のの先輩でも誰でもいいので好きな人を作りましょう!

私の場合は、職場の先輩が好きだったので毎日褒めてもらえるように頑張ろうと思って働いていました。
ただ店長と波長が合わなすぎて転職をしたんですけどね(笑)

アパレルの仕事がきつい時の対処法④転職サイトをみる

私のようにどう頑張っても「無理!辞めたい!」と思った方は、転職サイトを見ておきましょう。

辞めたくて仕方なかった時は、毎日転職サイトを休憩時間に眺めて、頑張っていました(笑)

この仕事以外にも仕事ってたくさんあるんだなと思うと勇気がでたので転職サイトをみて自分はどんなことをしたいのか、どんな人生を歩みたいのかじっくり考えてみましょう!

ブックマークしておきたい転職サイト2つ

キャリアスタート:月収25万円以上の案件が豊富。大手企業で働きたい方向け。
ゲキサポ!転職:丁寧さNo.1!自分にあった企業の求人を教えてくれます。

アパレルの仕事がきつい時の対処法⑤退職代行に頼んで辞める

どうしても、すぐに辞めたい場合は「退職代行」を使いましょう!

店長に退職を引き止めされたので退職代行を使って辞めましたが、本当に使ってよかったです。


それから会社からも連絡はなくて、全て退職代行の会社に任せてやめられるので即日にやめたい方は利用してみてくださいね。

退職代行の関連記事はこちら↓

アパレルの仕事がきついなら事務職orWEBマーケの転職がおすすめ

アパレルから転職するなら、事務職orWEBマーケティング業界がおすすめです。

事務職に向いている人:ルーティン作業が好き。お給料は少ないけど安定したい人。保守的。
WEBマーケに向いている人:華やかなところが好き。最先端の場所にいたい。少し忙しくてもお給料が高いのを望む人。

これからの時代だと、WEBマーケの方が需要があります。
ただ、定時で帰って好きなことをしたい方は事務職がおすすめです!

転職をしたい方は下の関連記事も合わせて読んでみてください。

関連記事:転職するなら登録しておくべきサイトTOP3【人生変わる】

アパレルの仕事がきつくて何もやりたくないなら婚活もアリ

仕事もしたくない方は婚活をするのもアリです。

アパレルで勤務しながらいい人を見つけて寿退社できたら理由もしっかりしているので退職しやすいです。
すでに恋人がいる方は専業主婦になっても養ってくれる相手なのか見極めましょう。

収入が低い場合は、違う相手を見つけるか、自分が働くしかないです。

婚活に興味ある方はこのサイトがおすすめです。
※アパレル時代にこのサイトに登録してマッチングしまくりました。

スマリッジ
(2020/6/30まで登録料が無料です)

アパレルの仕事がきつかったら無理をしなくていい。

無理をすると精神的にも肉体的にも苦しくなります。

無理だと思ったときはすぐに次の一手を考えましょう!仕事なんてたくさんあります。
結婚して専業主婦になれる道もあるのでそこまで苦しまないでくださいね。

と過去の私にも言ってあげたいです(笑)

シッピのアイコン画像シッピ

自分のやりたいように生きていきましょう!

こちらの記事もおすすめ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!