ABCashの記事はこちら⏩ ABCashの評判

ブログの記事を作る方法5つと注意点3つ【効率化UP】

ブログの記事がうまく書けなくてブログ記事の書き方があれば知りたいな

そんなお悩みにお答えします。

今回の記事内容
  • ブログの記事の作り方のコツとは?
  • ブログの記事を作る方法は5つ
  • ブログ記事をつくるときの注意点
  • ブログの記事を作るときはゴールを決めること

ブログを書くにはちゃんと作りこまないと
読者に読んでもらえる記事になりません。

どうやったら自分の記事を読んでもらえるのか本記事ではご紹介していきます!

ブログの記事の作り方のコツとは?

ブログの記事の作り方って気にしたことありますか?

初めてのうちは、ただひたすら書くのも大事ですが
きちんと記事を作りこまないと読者に読まれない記事になってしまいます。

作り方のコツは構成が第一になってきます。

記事の構成が大切

記事を書くには、構成が第一です。
構成が決まれば8割完成といっても過言ではないです。

記事を書く前に、構成を考えてから書いていきましょう!

ブログの記事を作る方法は5つ

ブログ記事を書く手順は以下の通りです。

  1. キーワードを決める
  2. 読者を決める
  3. 悩みを深堀りする
  4. 文章に肉付け
  5. タイトルを決める

詳しく話していきますね。

手順①キーワードを決める

まずは、キーワードを決めることから始めましょう。
この記事では「ブログ 記事 作る」のキーワードを狙って作っています。

キーワードを決めるといいことがあります。
SEO流入を狙うことができる
読者を明確化にすることで記事がスラスラ書けるようになります。

手順②読者を決める

この記事でも読者を決めています。

  • 狙いたいキーワード

「ブログ 記事 作り方」

  • 想定読者

・ブログの記事がうまく書けない人
・ブログの記事の書き方を知りたい人

手順③悩みを深堀りする

顕在ニーズや潜在ニーズを書き出して読者の悩みを深堀りすると見出しが書きやすくなります。

顕在ニーズとは:読者が気づいている悩み
潜在ニーズとは:読者がまだ気づいていない悩み

顕在ニーズはキーワードからの悩みを膨らませて考えればいいのでわかりやすいです。

例えば、「ブログ 記事 作る」だったら

  • ブログの記事の作り方
  • 実際のブログ記事構成案の例

顕在ニーズになります。

  • ブログ記事をつくるときの注意点
  • ブログの記事は闇雲に書いていてもゴールが見えない

潜在ニーズになります。

潜在ニーズの出し方としては、プラスで知りたい情報や競合記事にあって自分の記事にないものなどを付け加えるといいですね。

手順④文章に肉付け

ここまでできたら、あとは文章に肉付けしていけばOKです。

内容としては、見出しを解説するくらいで1見出しにつき50〜300文字を目安に書くといいです。
あまり長すぎるようだったら見出しを増やして分かりやすくすると読みやすくなります。

手順⑤タイトル決め

最後にタイトル決めをします。
タイトルにキーワードを必ず含ませてクリックしたくなるようなタイトルを考えます。

5W1Hを使うのも有効的です。

ブログ記事をつくるときの注意点

その①読者をイメージして書くこと

読者をイメージして書かないと、記事の方向性がどんどんズレていきます。
自分の言いたいことを話すのではなく
読者が知りたい内容を書く癖をつけていきましょう!

その②検索ニーズには時間を書けて考える

検索ニーズはたっぷり時間をかけてください。

私は30分くらいかけて書いています。
そのくらい大事です。

どうしてこのキーワードを探していて、
どんな悩みを解消したいのかをじっくり考えてみてください。

その③画像や動画なども取り入れて離脱率を低くする

ずっと文字が続いているブログってなんか飽きちゃいますよね。


少しでも読者を飽きさせないために、
画像や動画を取り入れて滞在時間のUPを狙いましょう。

これをするだけで検索結果が上位になった方もいますのでやってみる価値ありです。

アイキャッチや画像のことを詳しく書いているので【無料】初心者でも使いやすい!ブログアイキャッチ画像のおすすめサイトも合わせて読んでみてください。

ブログの記事を作るときはゴールを決めること

最後に、私がお伝えしたのはゴールを設定することです。

読者にどんな行動をしてほしいか=ゴールです。

このゴール設定をすることで記事から収益を発生させることだってできます。

最終目標を決めてからブログ記事作成をしてみてください。


ブログを書いている方ならこの本が役に立つのでオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!