退職引き止めがしつこい場合の改善策とは?【結論:退職代行がおすすめ】

退職したいけど、引き止めにあっていてなかなか退職できないんだよな。どうしたらいいかな?

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  1. 退職引き止めがしつこい場合の改善策は退職代行へ依頼すること
  2. 退職引き止めがしつこい人材不足の会社でも辞められる
  3. 退職代行を使ったらどうなる?退職の流れを解説!

それでは本題にいきましょう!

目次

退職引き止めがしつこい場合の改善策は退職代行へ依頼すること

退職引き止めがしつこい場合の改善策は退職代行へ依頼すること

結論から話すと、退職引き止めがしつこい場合は退職代行を引き受けてくれる会社へ依頼をしましょう。

自分で退職をするのは、とても勇気のいることです。
上司の顔を思い浮かべるだけで嫌気がさすくらいなら辞めたほうがいいです。

退職代行のおすすめサイトは3つ

退職代行サービスを請け負っている会社でおすすめしたいのが「EXIT」です。

退職代行「EXIT」:50,000円
「男の退職代行」:29,800円
女性向け「わたしNEXT」:29,800円

上記3つの退職代行サービスがおすすめです。

メディアからの取材実績が多いのはEXITでして、Yahooニュースや東洋経済からも紹介されています。値段の違いはブランド力ですね。

退職代行の最大手が「EXIT」なので少し値段が高いです。安く済ませたい場合は、「男の退職代行」「わたしNEXT」を使うといいですよ。

退職引き止めがしつこい人材不足の会社でも辞められる

退職引き止めがしつこい人材不足の会社でも辞められる

人材不足の会社って退職の引き止めがすごいですよね。。。
そんな会社でも退職代行ならやめることができるので安心してください。

よくあるQ&Aをまとめてみました。

本当に退職できますか?

数千件のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったというケースは一件もございません。(退職代行「EXIT」)

有給休暇が残っているので
消化してから辞めたいのですが?

これまで行った退職代行では、ほとんどのケースで有給消化しての退職に成功しておりますので、お気軽にご相談くださいませ(「男の退職代行」)

失業保険の給付を受けたいので
離職票などの書類がほしいです。

離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類については、退職完了後にご本人様宛に郵送していただけるよう会社へお伝えしておりますのでご安心くださいませ。(「男の退職代行」)

引き止められたり、残るよう
交渉されたりしませんか?

ご依頼後は基本的にご依頼者様(退職者)と会社側が直接お話しすることはないため、慰留や交渉を直接されることはありません。
退職代行時に言われたとしても私どもは交渉には応じておりませんのでご安心ください。(「男の退職代行」)

会社から訴えられたり
しませんか?

会社によってはそう脅してくる会社もありますが、弁護士に依頼するなど、数十万円のコストをかけて裁判をすることはまずありません。
また、実際にそのようなケースはこれまで一度もありません。(「わたしNEXT」)

働いた分のお給料は
ちゃんともらえますか?

働いた分のお給料は労働の対価ですので必ず受け取れます。ご安心ください。
もし支払ってもらえない場合はいつでもご相談ください。(「わたしNEXT」)

次の日から会社に行きたく
ありません。大丈夫ですか?

ご要望いただければ最短で即日(ご依頼当日)に、当日や翌日から出社したくない旨と併せて退職の意思を会社側に伝えて手続きいたします。
ご不安なことがあれば何でもご相談くださいませ。(「わたしNEXT」)

退職代行を利用した人の口コミ

退職代行サービスで辞めて一からスタートするのもありです。
私は嫌だった会社を辞めて心が浄化されました(笑)

退職代行を使ったらどうなる?退職の流れを解説!

実際に退職代行サービスを使ったらどうなるのか流れを解説します。

STEP
退職代行サービスに「メールor電話orLINE」で相談

辞めたい旨を退職代行サービスに問い合わせをします。

STEP
利用者情報の共有

主に伝える情報は10点です。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 契約期間
  • 身分証の画像
  • 退職理由
  • 希望の退職時
STEP
利用料金の支払い

退職代行サービスは基本的に先払いなので、本格的な打ち合わせに入る前に入金を済ませる必要があります

・銀行振り込み
・クレジットカード
・電子マネーや電子決済(PayPayなど)

STEP
担当スタッフとの打ち合わせ

退職をするためのヒアリングを受けます。

STEP
結果待ち

この時間が多くの方は心臓がバクバクな方が多いと思います。
失敗しないためにも退職代行100%のサービスを使うことをおすすめします。

STEP
アフターフォロー

退職代行が完了したらアフターフォローをしてくれる業者があります。
もし「失業給付の申請サポート」を希望する場合は相談してみてくださいね。

【まとめ】退職の引き止めがしつこい時は退職代行を利用しよう

退職が自分でできない場合は、「退職代行」を使うことをおすすめします。

退職代行「EXIT」:50,000円
「男の退職代行」:29,800円
女性向け「わたしNEXT」:29,800円

即日対応してもらえて確実なのは「EXIT」ですね。
安く済ませたい方は、「男の退職代行」or「わたしNEXT」がおすすめです。

一日でも早く会社から解放されますように願っております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる